あれは大学生のときのことだったんですけど、スーパー銭湯に出かけていったんです。
その時、知らないおっさんから声をかけられたんですよね。
「なんだ兄ちゃん、皮かむりなのか」って、いきなり失礼過ぎるよなんて思っちゃったんですよ。
だからとっさに十分で皮を剥いて否定したんですけどね。
それからチンコのことをやたら気になるようになっちゃって、銭湯や温泉に行くたびに前もって皮を剥いておいたりするんですけどね。
だけど包茎だから、放置しておくとまた元に戻った状態になってしまうんですよ。
この皮かむりが実はかなり自分でも悩みの種になっていたんです。
すごく恥ずかしいなって気持ちもあるし、こんなチンコをみられるのってやっぱり嫌だって思ってしまってました。
だからなんだけど、29歳の今になるまでセックスの経験がないのです。
まだ童貞という事も恥ずかしいし、だけど皮かむりを見られるのも怖いし、なかなかセックスをすることができません。
もうすぐ30歳になっちゃうのが怖い、まだ童貞だからこれを何とかしなきゃなって思ってたんです。
そこで清水の舞台から飛び降りるつもりで、ボーナスで包茎手術を受けることにしたのです。
実際にこの手術自体は大成功に終わったのですが、なんと手術跡がツートンカラーになってしまってました。
ますます恥ずかしい状態のチンコになってしまって、途方に暮れるって感じになってしまったのです。
それで似たような経験した人がいるかネット検索してみたんだけど、同じような境遇の男が童貞狩りで、男になることができたって言うんです。
世の中には、童貞狩りを楽しむ女性がいるらしく、そういう人と知りえば童貞卒業が可能だと言うのです。

自分もそんな女性と知り合って筆おろししてもらう、そうすれば安心した初体験をすることができるって考えました。
ネットだったら顔を見せないから堂々と、相手を募集することができると言うのも分るし、たくさんの人たちがいる世界だから理解者を探すことができるのは間違いないだろうという考えもありました。

 

 30歳までには童貞を捨てたいと思っていたし、童貞が好きな人だったら相手にしてくれるはずだって思うことができたです。
理解してくれるような相手を探せるのが出会い系なら、思い切って利用していかなければいけないなって考えるようになっていました。
童貞狩りが大好きなエッチな女性と知り合って、初体験をするためにインターネットで行動することにしたのです。

 

名前:一智
性別:男性
年齢:29歳
プロフィール:
 29歳の会社員です。
スーパー銭湯に出かけた時のことなんですが、見ず知らずのおっさんから包茎を指摘されちゃって、何だか嫌な気分になったことがあります。
実は、これが原因で女の人に積極的になれなかったから、まだ経験したことがないんですよね。
そこで包茎手術でも受けて、立派なチンコを手に入れようかなって気持ちになったんです。